2022年4月から子ども園に変わりました

浜松市の「幼保連携型認定こども園 天林寺こども園」はお子様の健やかな心と体の成長をお手伝いいたします

Tel:053-473-7718

浜松市中区下池川町 27-1

アクセス

社会福祉法人 真徳会 天林寺こども園

MENU

お知らせ

4/13㈬の様子

【園庭】

 ボールあそびをしました。始めは昨日に続いて転がしドッジボールをしました。鬼にわざと近づき、「こっちだよ」とボールを投げるよう誘っていました。ボールを避けることができるとガッツポーズをしたり両手を挙げたりして喜んでいました。また、砂場で遊ぶ子も多くいました。きく組の子たちは、じょうごをホイップの絞り袋に見立ててケーキ作りをしていました。ふじ組の子は、お店屋さんごっこをして「おとくなクーポンありますよ」等と言ってなりきっていました。


【ホール】

 サーキットあそびをしました。平均台の分かれ道が人気だったため、分かれ道を3つに増やすと「3こもみちわかれてるなんてすごいね」と言う子がいました。平均台や跳び箱の隙間を落ちないように渡るコース、長い平均台のコース、階段のコースがあり、選んで渡っていました。たくさん動いて暑くなると、水分補給をしに行ったり「あついからきがえてくる」と言う子やトランポリン待ちをしているときに「かぜすずしい」と涼んでいる子がいました。

 


【なかよしルーム】

 積み木で遊びました。きく組の子で昨日作ったものをもう一度作りたいという子がいました。長方形の積み木を組み合わせて立体駐車場を作っていました。時々倒れながらもなんとか完成していました。「かんせーい」と喜んでいました。ふじ組は友だちと一緒に家を作ったり、大きな建物を作ったりしていました。家は寝るスペースがあり、友だちと一緒に横になりくつろいでいました。

 


【製作ルーム】

 ピンクの紙を見つけ、ハサミでチョキチョキ切っていき、ぶたを作った子がいました。細くしたり楕円に切ったりして、ヒゲや手足に見立てて貼っていました。「ほんとうは、ねこをつくろうとおもったんだけどね」と苦笑いしていました。きく組の子は箱に色を塗ったりハサミで切ったりするのに夢中で、集中して挑戦しています。正しいハサミの持ち方をその都度伝えると「あ~」と納得し、また切り始めていました。