2022年4月から子ども園に変わりました

浜松市の「幼保連携型認定こども園 天林寺こども園」はお子様の健やかな心と体の成長をお手伝いいたします

Tel:053-473-7718

浜松市中区下池川町 27-1

アクセス

社会福祉法人 真徳会 天林寺こども園

MENU

お知らせ

4/12(火)の様子

【園庭】

 ボール遊びをしました。保育者がサッカーコートを描いていると、「ころがしどっじがやりたい」と言う子がいたので転がしドッジをしました。「わたしもやりたい」「ぼくも」と人数が増えていきました。ボールを当てることが出来ると、「けっこううまいでしょ」と得意気な子どもたちでした。後半はメンバーが変わり、昨日同様サッカーが始まりました。「すーぱーこうせんだ」と力強くシュートを決め、嬉しそうに友だち同士でハイタッチをしていました。


【ホール】

 サーキット遊びをしました。昨日人気だった平均台の分かれ道を少し変えて長くすると「どっちにする」と嬉しそうに進んでいました。きく組の子は「て つないでいこう」と保育教諭を誘ったり、ふじ組の子に手を繋いでもらったりする子もいました。ゆり・ふじ組は両手を横に伸ばし、上手にバランスをとる子もいました。トランポリンでは足をお尻までつけて跳ぶ子や高く跳ぶ子、10回目に合わせてマットに大ジャンプする子など工夫して遊ぶ様子も見られました。

 


【なかよしルーム】

 積み木で遊びました。積み木を積み上げていく際に、倒れないようにするために壁に積み木を付けて積み上げていました。そのため、自分たちの身長より高くなり「たかいびるができた」と喜んでいました。また、車のおもちゃを一台ずつ置けるようにスペースを空けて、建物のようなものを作る子もいました。きく組の子は、ふじ組の子が作ったものをじっと見て「あれつくりたい」と言って保育者と一緒に真似をして作る子もいました。

 


【製作ルーム】

 薄茶色の空き箱を四角に切って、両端を茶色のペンで塗り「にしかわのぱん」と見せてくれるゆり組の子。色々な色の紙テープを切って「これはたまご、みどりはれたす、あかはいちご」と具材に見立てていました。きく組の子は、箱の水色の部分に黄色のペンで色をのせていくと、「みどりになった」とびっくり。周りにいた子も「え」「なんで」と色が重なって変化することに驚いていました。