2022年4月から子ども園に変わりました

浜松市の「幼保連携型認定こども園 天林寺こども園」はお子様の健やかな心と体の成長をお手伝いいたします

Tel:053-473-7718

浜松市中区下池川町 27-1

アクセス

社会福祉法人 真徳会 天林寺こども園

MENU

お知らせ

4/4(月)の様子

【つきの部屋】

 雨天のためつきの部屋で遊びました。「このへやでもあそんでいいの?」と嬉しそうな子どもたち。ひとりがブロックで「けいさつのくるまつくる」と言ってつくり始めると警察ごっこが始まりました。鉄砲やトランシーバーに見立てたものをブロックでつくり、警察になりきっていました。また、保育者がすごろくを用意すると、「わたしもやる」と言って数人が集まり、年上の子は年下の子に優しくルールを教えてあげていました。


【ホール】

 サーキット遊びをしました。平均台やマット、ケンケンをするフラフープを用意し、最後は跳び箱3段の上からマットへジャンプで降りました。跳び箱から跳び降りる際は、保育者の手にタッチして降りますが、「もっとたかくして」「ちょっとさげて」と言いながら自分の高さに合わせてジャンプタッチをしていました。初めて跳び箱3段から跳び降りることが出来るようになった子もいました。

 


【なかよしルーム】

 積み木で遊びました。積み木の本を見て、友だちと何を作るか話し合っている子がいました。そのあと、長方形の積み木を円にして並べ、積み上げてタワーを作っていました。高くなってくると椅子を使って更に高くしていました。また、道路や建物を作る子もいました。積み木を車に見立てて走らせていました。円柱の積み木を転がしている子がいたため、坂を作ると「すべりだいだ」と言って転がして遊んでいました。

 


【製作ルーム】

 スズランテープを片手に、「みつあみしたい」「ねずこもつくりたい」と意気込み作り出す子がいました。三つ編みしたものを頭につけたと思ったら、「またつくる」と今度はブレスレットを作ってにっこり。長さや形を考えることで色々なアイデアが浮かぶ子どもたちでした。「おうちのひとにプレゼントしたい」と言う子もいて、ネクタイやおうち、ジュースを作っていました。