2022年4月から子ども園に変わりました

浜松市の「幼保連携型認定こども園 天林寺こども園」はお子様の健やかな心と体の成長をお手伝いいたします

Tel:053-473-7718

浜松市中区下池川町 27-1

アクセス

社会福祉法人 真徳会 天林寺こども園

MENU

お知らせ

1/20(木)の様子

【製作ルーム】

 ゆり組の子が”ねづこ”を作っているのを見て「わたしもつくる」と真似して作るきく組の子。「どうやるの」「おしえて」とゆり組に聞きながら助けてもらい完成させていました。ふじ組は、製作のあとお医者さんごっこが始まりました。トイレットペーパーの芯と丸箱を2つ重ね上下出来るようにしたものを聴診器に見立て診察していました。耳を当て心臓の音を聴くと「ほんとうにおとがする」と驚いていました。

【ホール】

 輪投げ、魚釣り、ボーリング、平均台のコーナーあそびをしました。魚釣りでは、上手く針金に魚をかける事ができないきく組の子に、ふじ組のお姉さんが優しくサポートしたり教えてあげている姿が見られました。平均台では両端からお互いスタートし、対面したらジャンケンをするあそびをゆり組の男の子達が夢中になってやっていました。負けないよう、又落ちないようにバランスを上手に取りながら素早く渡っていました。

 

 


【なかよしルーム】

 なかよしルームですごろくをして遊びました。きく組は字が読めなかったりするため、振ったサイコロの出た目を進むだけにしたり、ふじ組はマスに書かれた字を読み、それに従って楽しく遊びました。ふじ組がきく組やゆり組に字を読み、遊び方を伝える場面もありました。異年齢での関わりが多く、相手の気持ちを考えながら楽しく遊んでいました。


【園庭】

 転がしドッヂボールと、氷鬼をして遊びました。転がしドッヂボールでは、子ども達の要望で最初から2球でやりました。当てる側は、「はさみうちにしよう」「れんぞくなげしよう」と作戦を考えながら当てようと必死になっていました。逃げる側は、「うしろからくる」「ちらばってにげよう」と友達と助け合いながら逃げていました。氷鬼では「いまたすけるぞ」「そうはさせない」と、鬼と逃げる側でやり取りをしながら遊んでいました。