2022年4月から子ども園に変わります

浜松市の天林寺保育園はお子様の健やかな心と体の成長をお手伝いいたします

Tel:053-473-7718

浜松市中区下池川町 27-1

アクセス

社会福祉法人 真徳会 天林寺保育園

MENU

お知らせ

1/6(木)の様子

【製作ルーム】

 チーズの入っていた丸い箱のまわりに飾りをつけて手裏剣を作る子がいました。出来上がると早速構えて投げていましたが、本物の忍者のようにかっこよいポーズできめていました。スズランテープを切って「えるさになりたいの」と言っているきく組の女の子をみて、ふじ組の男の子が優しく声をかけ三つ編みをして髪につけてくれました。「わたし、えるさになった」ととても嬉しそうにするきく組の子。にっこり照れ顔のふじ組さんでした。

【ホール】

 コーナーあそびをしました。福笑いやすごろく、いろはカルタ、お手玉などの正月・伝承遊びコーナーもありました。福笑いでは友だちに顔のパーツを渡してもらいながら、しっかり目をつむって遊んでいる子が多くいました。「ねーみて」「あははは」とたくさんの大笑いが聞こえてきました。お手玉がうまくキャッチできたり、輪投げがたくさん入ったり、バランス渡りが最後までできると嬉しそうな子どもたちでした。又、円板とピンポン玉を使って羽根つきに見立てた遊びもすると大人気でした。

 

 


【なかよしルーム】

 積み木で遊びました。「いちばんたかいのつくるんだ」と言う子がいて「なかまいれて」「いっしょにつくりたい」と一緒に積み木を高く積み上げようとする子ども達。積んでいる最中に積み木が、ずれているのを見つけると「ささえておくね」「なおすね」と役割を自然と決めてずれた積み木を直していました。最後には崩れてしまいましたが、協力して最後まで片付けていました。


【製作コーナー】

 すごろく遊びとカルタで遊びました。すごろくは、子ども達が作った手作りすごろくで、ふじ組の子は仲のいい友達と、ゆり組、きく組の子はふじ組に字を読んでもらいながら楽しそうに遊んでいました。「えーいっかいやすみなの」とすごろくの中で起こる様々なハプニングも楽しんでいるようでした。カルタで遊ぶ子はほとんどおらず、すごろくが人気でした。