2022年4月から子ども園に変わります

浜松市の天林寺保育園はお子様の健やかな心と体の成長をお手伝いいたします

Tel:053-473-7718

浜松市中区下池川町 27-1

アクセス

社会福祉法人 真徳会 天林寺保育園

MENU

お知らせ

11/16㈫の様子

【製作ルーム】

 トイレットペーパー芯にスズランテープを通して作る“ねづこ”をゆり組が作っているのを見て、「つくって」とお願いするきく組の子。同じように作ってもらうと嬉しそうに友達に見せます。「わたしもほしい」の嵐となりゆり組ねづこ作りのお店屋さん?がオープン。次々とお客さんが訪れ大忙しでした。また、太さの違うラップ芯を使って、入れたり出したり出来る剣を作る子もいました。持ち手部分には赤や黒の紙テープ、ビニタイで装飾しきらびやかな剣が完成し。ポーズを決めていました。

【ホール】

 レゴブロックを使い町を作りました。ホールに入り、ブルーシートに書いてある道路を見ると「なにこれ」「みちだ」とワクワクする子ども達。すぐにレゴブロックを手に取り、それぞれが作りたい物を作っていました。家を作る子や車を作る子、中にはガソリンスタンドを作り、友達の車が来ると「うぃーん」と言いながらガソリンを給油していました。また、保育園を作る子もいました。「ねこがいるんだよ」と言い、どんな保育園なのかを教えてくれました。

 

 


【園庭】

 ボールとゴールを出すとサッカーやPKが始まり、元気に走り回るふじ組の子。隣には道路を描くと、道路の中を“ウ~ウ~”とサイレンを鳴らして走り、パトカーや消防車になりきっているきく組の子。駐車場も描くと、「おまわりさんのおうちもかいて」と言い始めました。そこから、トイレやベンチ、看板、木、花など指で描く子もいました。砂場では友達と手作りシロップのかき氷を作ったり、パーティーの支度をするゆり組の子がいました。交代しながら虫網を使い、チョウを追いかける子もいました。


【なかよしルーム】

 紙皿に画用紙に子ども達が自由に描いた絵を貼り付けて、どう落としても同じ向きに立ち上がるおもちゃを製作しました。自由に描いて良いことを伝えると「おかあさんかく」「でんしゃかく」などと言って絵を描き始めた子ども達。完成してまず保育者がやって見せると、失敗してしまいました。子ども達が自分達で製作した物でやってみると、「できたよー」と言う子や「せんせいみたくしっぱいしちゃった」と成功する子と失敗する子の両方がいました。