浜松市の天林寺保育園はお子様の健やかな心と体の成長をお手伝いいたします

Tel:053-473-7718

浜松市中区下池川町 27-1

アクセス

社会福祉法人 真徳会 天林寺保育園

MENU

お知らせ

9/9の様子

【製作ルーム】

 ふじ組の子が透明の容器に絵を描き、切り取って穴を開けてもらうと、スズランテープを通してネックレスを作っていました。それを見たゆり組の子も作り、妹の分まで丁寧に作っていました。又、ダンボールを切り抜いてもらうと扉のように貼り合わせている子がいました。その後は裏に紙を貼って扉を開けた所に絵を描いていました。完成すると扉を開けて中の絵が出てくるのを皆に見せていました。きく組の子は廃材を細かく切ったり、細かいパーツに色を塗ったりしてご飯を作っていました。


【ホール】

 コーナーあそびをしました。フラフープを出していたのですが、1人2つずつ持ち始めるゆり組の子ども達。フラフープの輪の上に手、下に足を乗せてバランスをとりながら歩いていました。みんなで一列になって歩く姿はサーカスの様でした。跳び箱も出していました。「せんせいとたっちする」と言って跳び箱の上からマットに向かって跳びながらタッチして両手で上手く着地していました。


【製作コーナー】

 乗り物のおもちゃとレゴブロックを出して遊びました。大きな工事現場を作って働く車を集め、作業工程によって車を使い分けて遊んでいました。立派な学校が出来上がり、「ここはおべんきょうするところ」「あそぶところ」と想像しながら学校への憧れを感じているようでした。レゴブロックでは自分の作りたいものを黙々と作っていました。


【なかよしルーム】

 積み木で遊びました。板のケースを使って「たべもの」と言って、もやしやじゃがいも、果物をご馳走してくれたり、小さな正方形の積み木を並べていっぱいにして「けえきできたよせんせいのたんじょうび」とお祝いしてくれたりするきく組の子たち。また、電話に見立て「もしもし」と次々と保育者に電話をかけてきて、お話してくれました。ふじ組は、ラプンツェルの塔、ゆり組は、4階の家を積み木と板のケースを使って作っていました。