浜松市の天林寺保育園はお子様の健やかな心と体の成長をお手伝いいたします

Tel:053-473-7718

浜松市中区下池川町 27-1

アクセス

社会福祉法人 真徳会 天林寺保育園

MENU

お知らせ

6/3㈭の様子

【製作ルーム】

 「りぼんやとつめやさんだよ」とゆり組の子。スズランテープで作ったリボンと花模様の凸凹した紙を小さく切って、その上にキラキラしたラッピングタイをのせ、貼るジェルネイルみたいにして作ってありました。また、ヨーグルトカップに切り込みを入れ、開いてスズランテープで持つところを作り、「でんわだよ」とふじ組の子。「ここをくるくるまわすとつながるんだよ」とレトロ感漂う電話を作る子もいました。


【園庭】

 日差したっぷりの園庭でサッカーや氷鬼、砂遊びをしました。サッカーでは友達や保育者とPK対決をしました。子ども達はボールを蹴る時に、3メートル助走をつけますが、蹴られたボールは意外にも勢いがなく、コロコロ転がってゴールには届きません。どうしたらボールを勢いよく飛ばすことが出来るかみんなで考えていました。砂場では、保育者を落とし穴に落とせるよう、必死で穴を掘っていました。

 


【ホール】

 ボーリングをしました。離れたところから転がしたので、最初は難しく、少ししかピンを倒せませんでしたが、だんだんと上達し、沢山のピンを倒すことが出来ました。子ども達は、「たくさんたおせたよ」「やったー」と言い、とても嬉しそうな姿が見られました。他にもボールリレーをしている子もいました。ボールを次の子につなぎ、自分の番になるまで、「がんばれー」「もうすこしだよ」と応援している姿も見られました。


【なかよしルーム】

積み木を自由に使って遊びました。「わたしたちふたりがはいるいえつくるの」と教えてくれるゆり組の女の子達、「ながいのいっぱいつかえばおおきいのつくれるよ」とどの積み木を使えばいいかを考え、伝えていました。きく組の子ども達は、丸い積み木を見て、「おすしみたい」といって食べる真似をしていました。いくつかの丸い積み木を積み重ねて「ながいおすしできたよ」と教えてくれました。