浜松市の天林寺保育園はお子様の健やかな心と体の成長をお手伝いいたします

Tel:053-473-7718

浜松市中区下池川町 27-1

アクセス

社会福祉法人 真徳会 天林寺保育園

MENU

お知らせ

1/15(金)の様子

【いちご・かぼちゃグループ】

 縦割りクッキングをしました。今日の献立は、梅干しおにぎりとみそ汁です。まずはお米を研ぐことをしました。そっと研いでから炊いていきました。ごはんを炊く際の歌も覚えました。炊いている時には「しゃぼんだまみたい」「おこめがふじさんのかたちになってる」と様子を伝えてくれました。炊きあがるとラップにのせ、ふじぐみが作った梅干しをのせて、おにぎりの形にしていきました。三角や丸の形にしていました。みそ汁作りでは人参・大根・白菜・油揚げを包丁で切っていきました。鰹節・みそ・梅干しの味見もすると「ふうみがある」「あまい」と様々な感想があがりました。完成すると、「おいしい」と言って鍋いっぱいにあったみそ汁は完食。他にも沢山おかわりをして、食欲旺盛ないちご・かぼちゃグループでした。

 


【とまと・めろん】

 米研ぎをはじめに行いました。1人10回ずつみんなで数えました。家で米研ぎをしたことがある子は慣れた手つきで行っていました。野菜は、子どもたちから人参は「いちょうぎりがいい」とのことで、人参はいちょう切り、白菜、大根は千切りにしました。ゆり、ふじ組はクッキングで慣れているためとても上手でした。きく組は2回目でしたが、慎重に切っていました。みその味見をすると「しょうゆのあじ」「バターのにおいがする」と様々な声があがりました。おにぎりはご飯をラップに包んで握りました。丸や三角などいろんな形が出来ました。「はやくたべたい」と言っていたこともあり、食べ始めるとあっという間に完食していました。


【ぶどう・ぴーまん】

うめおにぎりとみそ汁を作りました。きく組は新しいエプロンでお兄さん・お姉さんとの初めてのクッキングでわくわくしている様子でした。色々な野菜を包丁で切り、お米を研いで鍋で炊きました。食べ物の大切さを知ったり、友達と一緒にクッキングをする楽しさを味わったりしました。ふじ組が作ったうめぼしも好評でした。出来上がったおにぎりやみそ汁を食べ、「おいしい」とみんな大満足でした。


【もも・にんじん】

“何を作るか” 昨日話したことをしっかり覚えていた、もも・にんじんグループ。まず、お米を研ぎました。水の色が変わっていく様子を興味津々に見ていました。大根・にんじん・白菜を触ってから包丁で切りました。どの子も真剣に取り組み、中には包丁を怖がる子もいましたが、白菜をちぎり、参加していました。かつお節やみその味見は大喜びで、かつお節からだしがとれると「いいにおい」と声があがりました。みそも皆で溶いてみそ汁が完成し、ご飯も炊きあがり、うめおにぎりを握りました。中には三角にする子もいて、驚きました。「うめおいしかった」と発見する子も多く、みそ汁は2杯おかわりする子もいました。