2022年4月から子ども園に変わりました

浜松市の「幼保連携型認定こども園 天林寺こども園」はお子様の健やかな心と体の成長をお手伝いいたします

Tel:053-473-7718

浜松市中区下池川町 27-1

アクセス

社会福祉法人 真徳会 天林寺こども園

MENU

お知らせ

5/11(水)の様子

【園庭】

 

 虫探しをしました。昨日はカナブンの死骸でしたが、今日は生きているカナブンを見つけました。「あしがくっついていたい」と、特徴を感じていました。虫カゴに入れて大切に運ぶ子どもたち。フンをすると大興奮でじっと見つめたり、匂いを嗅いだりしていました。また、蝶を見つけると、「せんせい、あみだして」と言うので出すと、一生懸命捕まえようとしていました。とても良い笑顔で追いかけていて微笑ましかったです。


【ホール】

 魚釣りあそびをしました。先日の子どもの発言から、昨日川に橋をかけました。すると、「もっとはしつくりたい」と言う子がいて、マットや平均台を使って橋をかけていました。魚釣りと同じくらい魚作りコーナーも人気で、ままごとコーナーは止め、製作スペースを広くとりました。友だちに虹の色を聞きながら色を塗る子や丁寧に模様を描く子がいました。タコやサメ、ワニ、カメ、ワカメなど発想を広げ、中には”人魚”、”毒魚”、”卵”、”ゴミ”を描く子がいました。


【なかよしルーム】

 積み木で遊びました。昨日飾っておいた作品の続きを作り始める子がいました。昨日は一人で作っていましたが、今日は友だちと一緒にさらに大きいものを作っていました。また、自分たちの部屋をつくり、大人でも座れる椅子を作っていました。「すわっていいよ」と誘ってくれました。はじめは坂だけでしたが、坂から道を繋げて車を走らせる姿も見られました。自分で迷路を作り、車を走らせてゴールを目指していました。

 


【製作ルーム】

今日の製作ルームでは、アイデアたっぷりの作品がたくさんできました。大きな箱にヨーグルトカップをいくつか並べ、ヨーグルトカップにマジックで色を塗ると、アイス屋さんが出来上がりました。一つひとつ味があり、そのままごっこあそびを楽しんでいました。ゆり組の子どもたちは、すずらんテープを使い、三つ編み作りに挑戦していました。保育教諭から作り方を教えてもらうと、友だち同士で教え合い作る様子も見られました。