2022年4月から子ども園に変わりました

浜松市の「幼保連携型認定こども園 天林寺こども園」はお子様の健やかな心と体の成長をお手伝いいたします

Tel:053-473-7718

浜松市中区下池川町 27-1

アクセス

社会福祉法人 真徳会 天林寺こども園

MENU

お知らせ

6/7(火)の様子

【園庭】

 虫探し、泥団子作りをしました。”なみてんとう”という黒いてんとう虫を見つけると、「あかいてんとうむしのなかまだ」と言って図鑑を見て名前を調べていました。また、ゆり組の子がダンゴ虫を沢山見つけて捕まえると、ふじ組の子が砂場を深く掘り「だんごむしのおうちつくった」と言って一緒に遊んでいました。また、泥団子を作っていた子は、葉っぱに巻いて「どろだんごもち」と言ったり木の棒と葉っぱを刺して「りんご」と言ったりしていました。


【ホール】

「おすしやさんやりたい」と言って平均台を回転寿司のレーンに見立て始めるきく組の子。新聞のご飯に魚を乗せると「いっちょうあがり」と得意気な子もいました。中には新聞のハチマキを頭に巻き、気合が入る子もいました。「これ、おいしかったです」と感想を言う子もいました。後半はゆり組、ふじ組の子も多く来て、回転寿司に気付いて手動でお寿司を動かす子が増え、雰囲気が出ていました。友だちと協力してひたすら魚釣りをする子もいました。


【なかよしルーム】

 いつもより少ない人数からスタートした積み木コーナー。紺と橙の玉をカップに入れ「ぶるーべりーとおれんじのあいすだよ」とご馳走してくれる子や、変色した玉を見つけて「レアストーンだ」と喜ぶ姿が見られました。積み木を組み合わせて家やお城を作り「たまのおうち」と名付けて、中にたくさんの玉を入れては時々中を覗き込んでいました。

 


【製作ルーム】

 玉ねぎの入っていたネットに興味を持った子がいました。腕に通し伸びることを知り、「みてー」と大興奮。ハサミで細く切って伸ばしたら、「いろんなかたちがある」「ほねみたい」と偶然見つけた発見を喜んでいました。スズランテープでリボン作りに挑戦したり乳飲料容器の飲み口の細い部分に色を塗ったり、トイレットペーパー芯を人形に見立て作ったりする子もいました。