2022年4月から子ども園に変わりました

浜松市の「幼保連携型認定こども園 天林寺こども園」は、
お子様の健やかな心と体の成長をお手伝いいたします。

社会福祉法人 真徳会 天林寺こども園

MENU

お知らせ

7/9(火)の様子

【その他】 

 小麦粉粘土で遊びました。「みずいろがいい」「あかほしい」と好きな色を選び、作り始めます。粘土をこね、「みてー、ぷにぷにしてる」と感触を楽しむ子もいました。先週遊んだ子からは「かたぬきつかいたい」とリクエストがあり、型抜きを楽しむ姿も見られ、うまく型が取れると保育教諭や友だちに見せ合っていました。ふじ組の子は、カメとエサも作り、一粒一粒丁寧に作ったエサに感心しました。


【なかよしルーム】

 絵の具あそびをしました。前回作ったものを覚えていて、作品を見つけると、「それ!」と嬉しそうに教えてくれました。新しいものを描いたり、前回の物のマスキングテープを剥がして、クレヨンで絵を描いたり、ハサミで切ったりしました。「おれんじときみどりはなににろになる?」「やってみる」と色の混ざり合いにも興味を持っていました。


【ホール】

 風船で遊びました。フラフープを使い、投げて穴に通す遊びを用意すると「みて、10かいできたよ」「こっちのほうがむずかしい」など言いながら頑張って投げていました。ビニールテープが貼ってある風船の方がやりやすいと分かると交互に投げてみたりしていました。また、すずらんテープをネットのようにはると「ふうせんバレーだ」と言い、友だちや保育教諭と遊び始め、夢中になって風船をおいかけていました。バレーのルールを説明してる子もいて感心しました。


【製作】

 「アイドルごっこしよう」と言って髪の毛にすずらんテープをくくりつけ、手首にリストバンドに見立てたものを巻いて❝アイドル❞の歌を歌いながら踊る子がいると、「わたしもやりたい」と真似して踊る子もいました。保育教諭が風船と絵の具を用意し、スタンプあそびに誘うと、「たのしそう」と言って風船スタンプに挑戦する子どもたち。「かわいたらきょうりゅうのかたちにきってせいさくにつかう」と意気込んでいました。